posレジについて知ろう

タブレット

浸透していくposレジ

レジとして導入されるposシステムは、店舗を効率よく運営してく上でも欠かせない存在となってきています。今までは大型のレジとして導入されていましたが、最近ではタブレット端末でもposシステムを利用することが出来ます。

posレジと通常のレジの違い

通常のレジは、取引金額の計算や販売商品の記録を行うための機器です。ですが大手チェーン店で利用されているようなposレジは、リアルタイムでのデータ集計・管理・分析をすることができ店舗経営において有益な、様々なデータの蓄積・収集が手軽にできるようになっています。

複数の店舗間で情報が共有できる

posレジは、店舗ごとの集計だけではなく、複数店舗間で情報を共有することができます。情報のソースを店舗分増やしていくことができるため、経営戦略の構築や店舗経営の改善に非常に役立ちます。

勤怠管理機能がついている物も

導入するposレジの種類によっては、勤怠管理機能が備わっているものもあります。従業員の出退勤時間の記録や、勤務情報の集計・給与計算も算出することができます。使い出したら虜になるタブレットposだと言えるでしょう。

posレジにもデメリットはある

posは様々な業務補助をしてくれますが、大きなデメリットがあります。それは、停電に弱いという点です。タブレットの場合、端末だけは独立して動かすことができても、他の周辺機器が利用できなくなってしまいますので会計なども行えなくなってしまいます。

posレジについてのおすすめ記事

室内

posレジの種類と違い

pos専用機とタブレットposにどういった違いがあるかを紹介しています。タブレットposは性能面ではやはりpos専用機に劣ってしまいますが、携行できるといったような利便性があります。

READ MORE
タブレット

posレジの周辺機器

タブレットposは、周辺機器を利用することでpos専用機のような充実したレジにすることができます。周辺機器にはバーコードリーダやレシートプリンターなど様々な物があります。

READ MORE
店内

業種にあったposを選ぶ

posタブレットはヘアサロンや飲食店でも導入している店舗が増えてきました。その理由として、手軽に導入できるという点と業種に合わせたシステムがあるという点が挙げられます。

READ MORE

タブレットpos利用者の口コミ

20代前半女性 小売業

現在店舗にないものでも、手軽に在庫確認ができる。お客様から在庫を聞かれた時に、トークをしながら片手間で確認できるので、お客様からの評価も上々。

30代後半男性 小売業

顧客の情報をログとして残せるので、売れ筋商品や死に筋商品の把握に非常に役立っている。商品の在庫管理なども格段に楽になって、人件費の削減にも一役買ってくれている。

30代前半女性 ヘアサロン

pos専用機だとどうしても費用が高くなってしまい、運営しているのも1店舗だけなので導入するには厳しかった。タブレットposであれば導入も市販のタブレット1つとアプリだけなので非常に安く済んだ。

30代後半男性 飲食業

急な用事や商談で外出している時でも、お店の状況を把握できるのは嬉しい。在庫などのトラブルが起きて連絡がきても、タブレットで確認しながら指示ができる。

40代前半男性 飲食業

タブレット型だから携行しやすく、オーダーの状況やテーブルの状況もすぐ確認ができるので重宝している。お客様の座席誘導から配膳までが非常にスムーズになった。

posタブレットのメリット

会計業務の効率化

レジ閉めの業務を自動で行ってくれるため、終業準備の時間を短縮することができます。また、オーダーエントリーを利用して商品を登録しておけば、金額の打ち込みも必要なくなってレジの金額が合わないということもなくなります。

顧客情報から傾向分析が出来る

どの時間帯に、どの商品が、いくつ購入されたという情報が確認できるため、小売店などでは売れ筋や死に筋の商品の把握に役立ちます。

売上の状況をリアルタイムで確認できる

その日の業務開始からの現在までの売上状況をリアルタイムで確認ができるため、一目で状況の把握をすることができるようになります。

レジ周りを省スペース化できる

雰囲気を大事にしているお店の場合、大型のレジを置いてしまうとお店の雰囲気に合わなくなってしまうということがあります。タブレットposであれば、省スペース化も図れて景観を損なわないようにすることができます。

習熟訓練がほとんど必要ない

一般的なタブレットをそのまま利用するため、タッチパネルの操作ができてば習熟訓練は殆ど必要ありません。日常生活でタッチパネルを利用する感覚で使用することができます。

広告募集中