業種にあったposを選ぶ

店内

タブレットposのアプリは様々

タブレットpos用のアプリは複数種類があって、専用機のような多様性を目指されています。元々が業種に特化したposレジアプリを導入したり、設定や機能を拡張したりすることで業種に合わせた便利な機能を利用することが出来るソフトもあります。

飲食店向けの機能

例えば飲食店向けのタブレットposアプリでは、タブレットを使ってテーブルの空き状況の確認・テーブルの移動などの情報を確認することができます。他にも、テーブルごとのオーダーから配膳までの進捗も確認することができます。

導入の問い合わせから契約までの流れ

アプリの導入をするためには、まずメールや電話での問い合わせる必要があります。その後に商談と見積もりとなり、商談がまとまることで契約となります。

契約から利用開始までの流れ

契約が完了すると、納期の相談となります。納期が決まった後は会社によっても異なりますが、メニューの登録や機材の設置・設定を行ってくれることが多いです。

一般的に必要な機器

基本的な導入では、タブレットを始めとした周辺機器が必要になります。タブレット本体の他に、無線LANのアクセスポイントやお客様がオーダーするためのオーダーエントリー端末、管理するための端末を使います。後はレジ周りのキャッシュドロワやレシートプリンタなどが必要です。飲食店の場合はキッチンへの伝達をスムーズにするためにキッチンプリンタを利用することもあります。

広告募集中