posレジの種類と違い

室内

大きな違いは操作性

pos専用機とタブレットposの大きな違いでまずあげられるのが操作性です。pos専用機は操作のためにトレーニングを必要としますが、タブレットposは一般のタブレットを使っているため、スマートフォンなどでタッチパネルに慣れている人には特に訓練を必要とすることはありません。入ったばかりのバイトでも使える場合が殆どなのが、タブレットposシステムの利点です。

多機能性と処理速度ではpos専用機が上

pos専用機は専用機というだけあって、様々な機能が備え付けられていて、多数の店舗の情報を一気に処理することができるスペックがあります。タブレットposでは機能を追加することで多様性は確保できますが、情報が多すぎると処理に時間がかかってしまいます。

導入コストはタブレットposの方が遥かに安い

導入コストはpos専用機が端末だけで1台数十万円するのに対して、タブレットは安くてposアプリ込みで1万円以下で済むものなどもあります。

補助金を使えばpos導入は安くなる

軽減税率対策補助金事務局にて申請をすることで、軽減税率対策補助金を受け取る事ができる場合もあります。条件に適応しているかどうかまずは確認のために相談してみてはいかがでしょうか。

広告募集中